来る(映画)の意味は?公開日とキャスト相関図!あらすじネタバレも!

澤村伊智さんの小説『ぼぎわんが、来る』が、映画化されます。

2015年に第22回ホラー小説大賞を受賞した作品は、とても怖いと話題にもなりました!

映画『来る』の公開日やキャスト相関図は?
タイトルの意味やあらすじのネタバレも調べてみました。

 

Sponsored Link

来る(映画)の意味は?

意味

貞子を超える恐ろしさ!

『ぼぎわんが、来る』は、第22回ホラー大賞を受賞。
原作者の澤村伊智さんの小説家デビュー作となります!

 

メガホンを取るは、中島哲也監督
実に5年ぶりの作品です。

中島哲也監督が、原作小説を読んで直ぐにオファー、ハイバイの岩井秀人さんと1年以上かけて脚本を執筆となった映画『来る』

この”来る”の意味とは…

辞書では

 

【来る】

きた-る
くる。やってくる。

くる
1.距離的・時間的に身近な所に移る。
2.ある状態に立ち至る。

となりますが、小説のタイトルは『ぼぎわんが、来る』となっておりますので”ぼぎわん”も調べてみましょう!

【ぼぎわん】
ぼぎわんとは、澤村伊智さんオリジナルのおばけです。作中には、三重県に伝わる妖怪とされていますが、実在する言い伝えではありません。

 

だとすると、澤村伊智さんが
作り出したおばけが来ると言う意味になりますね〜

みかどんこ
怖い!

 

澤村伊智さんは、人に恐怖を与えるものは「対象となるおばけ、そのものでは無く、怖いという触れ込み」が不気味さと恐怖を掻き立てると仮説を立てました。

この仮説を実証するべく、架空のおばけ『ぼぎわん』を創作したと言う事です!

 

何が起こったのか,,,
よりも、誰が、どんな反応をしたのか?

人は、そこに恐怖を感じると言う事ですね〜

 

では、どんな恐怖なのか…
今回は、あらすじのネタバレ部分に触れたいと思います!

あらすじの内容はこちらをご覧下さい!

⇒ 来る(映画)のエキストラ&ロケ地は?原作の内容が怖いと話題に!


Sponsored Link

映画『来る』のあらすじネタバレも!

あらすじネタバレ

映画『来る』のあらすじネタバレを原作『ぼぎわんが、来る』より、まとめてみたいと思います!

 

原作ぼぎわんが来るは、3章構成になっていて、それぞれの視点から語られます。

 

第1章「訪問者」

主人公は、イクメンの田原秀樹

tumabuki

《妻夫木聡》

 

第2章「所有者」

主人公は、秀樹の妻である田原香奈

kuroki

《黒木華》

 

第3章「部外者」

主人公は、オカルトライターの野崎昆
okada

《岡田准一》

 

ぼぎわんが来るのあらすじネタバレ!

※ネタバレになりますので、知りたく無い方は読まないで下さい!!!

 

第1章

昔、祖父のところに訪れて来た
何者か分からない灰色の影

それは、忘れられない出来事だった。

 

イクメンパパの田原秀樹に不可解な出来事が起こり始める

得体の知れないものが迫って来るが
何故、自分に迫り来るのか理由が分からない

 

霊媒師に言われた通りにした秀樹だったのだが…

最後は、霊媒師だと思っていた相手が実は
ぼぎわん」だったと言う結末になるのです。

 

第2章

亡くなった祖母にも、霊媒師からも
「奥さんを大事にして」
と言われる田原秀樹ですが…

田原秀樹の妻香奈により、イクメンパパの田原秀樹の本性が、暴かれていきます。

 

本人にも全く自覚が無い、夫の田原秀樹ですが…
祖母と同じく、耐えてきた妻の香奈が『ぼぎわん』を呼んでしまうのです。

 

第3章

野崎昆の視点により語られる第3章

 

野崎昆の恋人により『ぼぎわん』の正体が少しずつ分かってきた第3章は
matukomatu

 

いよいよ対決となります!

※恋人の姉役の松たかこさんとの対決シーンも見どころになりそうです。

 

田原家に取り憑く『ぼぎわん』とは…
人間の心が呼び寄せるモノ

 

それは、巨大なとなり襲われると獣に噛まれたようになり、衰弱しに至る。

 

野崎昆と真琴、そして最強の霊媒師琴子のぼぎわんとの対決シーンが見どころとなるでしょう!
ラストのラストは、続編を思わせる娘の寝言,,,になります。

 

映画『来る』の公開日とキャスト相関図は?

相関図

貞子の恐怖を超えるのでは無いかと言われる映画『来る』の公開日はいつなのか?

 

公式サイトを調べてみると…

2019年公開ー

となっていますので、発表がされ次第追記させて頂きますね!

2018年12月7日(金)公開決定となりました!

 

では、超豪華なキャスト相関図を作成してみましたのでご覧になって見て下さい!

 

映画『来る』の相関図は
来る 相関図

映画『来る』の意味は?の最後に

ホラー映画『来る』を調べさせて頂きました。

第22回ホラー小説大賞を受賞した作品ですが、選考委員も絶賛した『ぼぎわんが、来る』です。

鈴木光司さんも「貞子を脅かす恐怖」と言われた映画『来る』に期待せずにはいられません!

キャストも豪華で、見どころが沢山の映画『来る』が楽しみですね~

最後まで読んで頂き、有難うございます!


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です